スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の詩第二段

詩をアップします


この詩は私の詩の中で一番大好きです


詩というより感想のようですがみてね







   今と言う時   作パイシェル


日が沈む静かな場所に今一人


夕日の光に照らされて空を眺めるこの一時も


時間の波に乗せられてゆっくりゆっくり流れてく


どこかから香るおいしそうなこの香りや今聞こえてくる鳥の歌声も


流れる過去の記憶となって静かに静かに消えてゆく


今手に握る、青い木の葉のやわらかな温かいぬくもりと


するするとすべるこの手触りもやがては過去の思いとなって


時間とともに過ぎてゆく-


夕方の素敵なこの感じと思い、どんなに残していたくても


時の流れには逆らえない


だから今ここで今として、目に見ることや聞くことや


今の私の思いとを 大切に大切に感じてる








以上です



やっぱり好きだなあ


この詩を作ったとき、私は一輪車に乗って(当時一輪車にのれた 今はどうか分からないけど)


団地の片隅で夕日が沈む静かな一時を楽しんでいました


その頃私はそうして一輪社に乗って、風を感じながら一人、過ごすのが好きでした


そうして美しい景色をみながら自由自在に一輪車を操っているとなんか夢を見ているような気持ちになれました 


家では不安定だったそのころ、(中学3年くらいですが)その時間が一番幸せでした


今でも思い出すときれいな幸せな気持ちになります


家ではそんなだった分、夕日がきれいに見えて、心が洗われるように感じたのかもしれません


そのころ空が好きでよく眺めていたのも思い出します


秋の空、秋の夕焼けが一番好きでした


それは今も変わらない


自然の美しさはいつも変わることがありません


年老いても、何かで心がぼろぼろになっても、夕日はいつもと変わらずきっと美しいままです


それは残酷なときもあり、それによって心が癒されるときもあります


でもいつも美しくなかったら・・・悲しい出来事と一緒に夕日が汚くなったら・・・そんなの困りますよね


ずっと変わらずそこにいてくれるからこそ意味があるのです


私も夕日のようでありたいな、と思いました


ずっと変わらないやさしさで誰かを包み込むような存在になれたらいいですね


そしてその人も私を包み込んでくれたら・・・理想です


なんか今日は久々にこういうこと考えたな・・・


でも考えてるときすごく心地よかった


たまにはまじめなパイシェルにもどるのもいいですね


それではこの辺で


ではバイバイ


















関連記事

comment

3. 無題

ありがとうございます(*^^*)

2. Re:無題

>みかんころさん
ありがとう
素敵な詩に思えたならうれしい♪
文を書くのが苦手でも、みかんころさんは絵を書くのが上手だから絵で表して見るのもいいかもね

1. 無題

ステキな詩ですね(o^^o)
私は文を書くのが苦手で、今自分が思って
いることもすぐには言葉や文として書けなくて、こういうステキな詩を書けたりする人が
羨ましいです(^_^;)

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。