スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンデュアランス号漂流23

やっと、やっと


サウスジョージア島に着きました

なんてながい旅だったでしょう

彼らは出発したときと同じ土地にいました

島の反対側には、人がいます

もう少しです



引用



不思議に静かな時間だった。喜びというのとは違っていた。男たちは驚くほどの犠牲を払って、不可能を可能にした。今、すべては終わり、分かっているのは、自分たちがくたくたに疲れきっているということだけだった。疲れがあまりにひどく、自分たちは勝ったということをぼんやりとは感じながら、それを味わうこともできなかった。しかしともかく、男たちは互いに握手を交わした。そうするのが自然と言う気がした。


だが、この小さな勝利の瞬間ですら、悲劇は放っておいてくれなかった。入り江の内部の波はかなり力があった。ケアード号の船尾に襲いかかり、ボートは岩に叩きつけられた。





彼らは浜に戻って、荷物を降ろし、安全な場所に移動させます

しかしボートを安全なところへ移動させる壇になると彼らは自分たちが予想以上に疲労していることに気づきます


ボートを前後に揺さぶるだけで精一杯でした・・・6人の男の人たちが!

それで今は休息をとって、休むことにします




ボートは、網で結びつけるだけにとどめます

彼らは十二フィートほどの奥行きがある-崖のくぼみ入り口は巨大なつららでしめられていた-にはいって休みます

そこでシチューを食べます おそらく塩辛くないものだと思います

誰か一人当直としておきておくことにし、順番に休むことにします

最初の当直はシャクルトンが自ら引き受け、他の五人は瞬く間に深い眠りに落ちます



クリーンが当直のとき、ボートが岸から離れます

そこであわてて助けを呼び、かろうじてボートを取り戻します



ボートを岸にあげることは、やはり不可能でした


それで皆ボートのそばで夜を越します





引用




シャクルトンは頭の中で今の状況を分析した。もともとの計画では、この浜は単なる休憩地で、水を補給し数日の休憩の後、またボートを出してリース港を目指すつもりだった。だが、今やケアード号の舵はもげてしまった。(あの波で)さらに、ゆっくりと休息をとるためには、ボートを安全な場所まで移動しなくてはならない。現在の彼らの体力ではケアード号を持ち上げることはできないので、甲板を取り外す必要があった。しかしいったん甲板を取り外してしまったら、再び荒海へ乗り出していくのは不可能と思われた。

岩の上に座って夜明けを待ちながら、シャクルトンはある結論に達した。

(びっくりするような結論だったかも)

リース港へ航海するのではなく、このまま島の南海岸にとどまり、三名が救助を求めて陸路を行く。(この陸路というのは山をのぼって島を横断することでそれは未だ誰も挑戦したことがないことです  なぜならきわめて難しいからです)海上を進むとなると、島の西端をまわり、海岸線沿いに北上する百三十マイルの航海を強いられる。が、陸路なら直線距離でわずか二十九マイルだった。




島の内陸部について専門家は、「山の起伏は激しく、北の海に注ぐ氷河は混沌として、のこぎりの歯のような突起を形成している」と述べています


つまり、通行不可能ということでした


しかしそれ以外に道はなくシャクルトンは厳しいことを知っていながらこう決断したのです




引用



朝食後、この計画を発表すると、男たちは当然のこととして受け止め、質問も出なかった。体力が回復ししだい、ワースリー、クリーンとともに出発する、とシャクルトンは告げた。

しかし先にやるべき仕事があった。マクニーシュとマッカーシーは、ケアード号から甲板と、余分な厚板を取り外す作業に取りかかった。






甲板が取り外されてから、彼らはボートを文字通り一インチずつ動かしてついに安全な場所へ移動させました


  
夕方彼らはアホウドリをしとめ、食べます


久々のご馳走でした




夕食後、彼らは一瞬も邪魔されることなく、もう何週間ぶりかの、ほんとうに静かな睡眠を味わいました    十二時間ほど貪るように眠っていました



その日、マクニーシュはうれしそうにあ、マクニーシュは腕のいい船大工ですよでも60歳くらいかな?
こう書いています「これほどに快適な日を過ごすのは五週間ぶりだ。昼食に、アホウドリの雛三羽と成鳥一羽を食べた。一パイントの肉汁つきで、こんなに旨いチキンスープはこれまでお目にかかったことがない。(エレファント島の)仲間たちがこれを食べたら何というだろう、とずっと考えていた。」




そうですね  まだ任務は果たされたわけではありません

心から喜ぶことが出来るのは、全員が無事に救出されたときです

そのことはずっと彼らの思いをしめていたことでしょう




今日はここまでにします


次は未開の地へ!
関連記事

comment

2. Re:おもしろいねっ(´∀`)

>あかるりさん

そうか よかった
シャクルトン、えらいよねえ
これからもその判断力がものをいうよ
頑張れ!シャクルトン!
頑張れ !ワースリー、クリーン、マクニーシュ、ヴィンセント、マッカーシー!
ほんとに、感謝しなきゃね

1. おもしろいねっ(´∀`)

なんか、やっと冒険談という感じが自分の中でしてきた。
書き方が上手だからかな?((笑

それにしてもなぁ、ゆっくり布団で寝られるだけでも、ありがたいよなぁ。zzZ...
シャクルトン、カッコいいなぁ~♪

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。