スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンデュアランス号漂流16

ボートは打ちつける波と戦っていました・・・

やがて帆に氷がつき始め、そして帆ごと巨大な氷と化しました

ますますボートは不安定になりました、それで氷を叩き落して帆を下ろしました



引用



しかし、今度はオールが凍りつき始めた。・・・オールに付着する氷の量が増えるにつれ、凍りついたオールは小さなブルワークの役目を果たし、甲板に上がった水は船上で凍る羽目となった。シャクルトンは甲板の氷の状態を用心深く見守っていたが、・・・このまま朝まで放っておくことはできないと判断した。
(四名が甲板に出て、作業をします)


四名は必死に、オールに付いた氷を叩き割った。二本は船内に投げ出し、残りの二本は、水がうまく外へ流れるよう、甲板の上部十八インチの位置で横静索に結びつけた。・・・やっと終了したときには、日は落ちて、皆ずぶぬれになっていた。・・そして、夜になった。


当直は悪夢のような四時間、ずぶぬれで凍えそうな体を甲板の下で丸め、激しく揺れるボートの中、ごつごつしたバラストに苦しめられながら、なんとか任務を全うしようと頑張った。



いろんな問題がありました


食事も思うようにとれず、バラストをしょっちゅう移動させなければなりません

トナカイの毛が寝袋から抜けて口や鼻に入ったり、船底のポンプを詰まらせ、食料のなかにも侵入しました




やがてボートの動きが目に見えておとなしくなります


その理由は・・・・



引用



朝一番の光が、その理由を告げた。ボートの喫水線より上部が、すっぽりと氷に覆われていた。半フィートほどの厚さになっているところもあり、シーアンカーをつないだロープは人間の股くらいの太さになっていた。氷の重みで、ボートは四インチ(約十センチメートル)ほど沈み、それは今や水に浸かった難破船という有様だった。

シャクルトンはおので氷をたたき始めました

大きな波が定期的に押し寄せ、シャクルトンに覆いかぶさりました

シャクルトンは十分その作業を続けましたが、体中がふるえ手元がおぼつかなくなり、交代し
そうして皆で、その作業にかかりましたが、五分と続けられる人はいませんでした

揺れる甲板の氷の上で、直立して作業するのは自殺行為でした

もし、海に投げ出されたら、シーアンカー(海錨)を回収して帆をあげなければならず、まにあうはずがありません

やがて操舵室のなかも凍り付いているのが見つかりました

船底の水が凍り付いてかきだせなくなるならボートは沈むばかりです

それで携帯用コンロで火をおこし、なんとか凍らせないようにしました




引用




甲板での死闘が始まって一時間ほどたったころ、ケアード号はようやく、浮力を取り戻したようだった。しかし男たちは氷の大半を取り除くまで、作業を続けた。唯一、シーアンカーのロープに付いた大きな塊が残っていたがこれに着手するのはあまりに危険と言う判断で放っておかれた。


シャクルトンは全員を下に呼び、ミルクを振舞った。・・・しばらくすると、甲板から下がったツララが溶け始め・・船底の氷も溶け出し、くみ出し作業ができるほどになった。




ひとまずこれで一段落?いえいえまだそうじゃないんです




携帯用コンロは、ひどいにおいがしたので消さねばならなくなります

また寝袋が腐り始めていました

そして午後の間に甲板はまた凍りつき始め、もう一度、氷を叩き落さねばなりませんでした



やがて夜が来て、朝が来ます




朝になるとひどい状態でした-





引用





ボートは再び、氷の重みを受けて、かなり危険なところまで沈んでいることが分かった。充分に明るくなったら、すぐに甲板に出て、三度目の叩き割り作業にかからなくてはならない。

五月二日、強風はすでに三日間吹きつづけていた。その間ずっと重い雲が立ちこめ、観測できなかった。自分たちのいる位置を確認できないということが男たちの不安を募らせた。



九時過ぎ、風がわずかながら凪いだが、出発できるような状況ではなかった。
数分後、ケアード号は、とりわけ高い波にとらわれ、同時に砕け波に襲われた。船はわずかに震えた。軽い衝撃がボートをつらぬき、海水がなだれこんだ。そしてこのとき、船首は風上に戻ろうとしなかった。シーアンカーが外れたのだ。





シーアンカー海錨を失ってしまいます

これは手痛い損失だったでしょう

これからの航海には何が待ち受けているのでしょうか

続きは次のブログで




関連記事

comment

2. Re:たいへん。。。m(_ _ )m

>あかるりさん
バラストってたぶん船のバランスをとるために移動させるものだと思うよ
大変な状況だけどそれを切り抜けていくからおもしろい・・・と私は思う
大変だからこそ成し遂げたときの喜び想像するだけでうれしくなってくるんだ
まあ人にもよるだろうけど

1. たいへん。。。m(_ _ )m

んと、寒くなってきた。((笑
なんか、冬に読むものじゃない気がしてくるよ((笑^^

いかりを失ったってコト?あと、バラストって何?
寝袋って、腐るんだねぇ~。色々、発見だ★

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。