スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心から心へと

今日は私の詩をアメーバ会員でない人にも公開したいと思います。


これはわたしが自分で名づけた秋の小箱という秋の自然を思い出


させるもの、どんぐりや葉っぱなどをいれた箱をみながら考えた詩です。



そのときとても温かい気持ちになれたのでその気持ちが他の人にも伝わ


らないかなそんなことを考えて作った詩です。 



題は「心から心へと」よかったら読んでいってください。




        心から心へと        作パイシェルことA.Y


 喜びも蜂が花から花へうつるように 

   

 心からまた心へと やさしく伝わってくれたらいいな



 私の今の心の中は なんだかとても温かい


 

 ここにある小さな木の実や茶色い葉っぱをみていると


 まるで森にいるようで わたしのこころはなごんでる


 

 私の心の中では まるで 鳥はさえずり 木々はささやき 


 まるで森にいるようで 本当に幸せな気持ち



 蜂が花から花へとぶように  私のこの幸せも

 

        私から あなたへと

関連記事

comment

1. いいね、素敵だねっ(≧▽≦)

とってもココロがあったかくなるね(*^▽^*)

「秋の小箱」だけど、私の中に、春の風が吹いた気がした(〃∇〃)

まるで、本当に森の中にいるように、
爽やかな風や光を感じられたよ(*^.^*)

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。