☆My favorite room☆

ARCHIVE PAGE: 2011年12月

No image
READ MORE

スポンサーサイト

READ MORE

きままに釣り

こんにちはー 久々に釣りをして、一杯釣りましたバケツが満杯ですカクレクマノミをつったり、金のお魚と対決しました 負けたけどね・・・釣りをもっともっとしてポイントを貯めて買い物したいな♪そして未だつったことのない金の魚をつりた~いあと魚を飼いたい!部屋の中にかわいい魚がおよいでたらいいだろうなペットはお金使えないから飼えないけど、魚は無料だもんねそれにしてもいつになったらスペシャルお魚かえるんだろう...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流13

ボートはサウスジョージアめがけて出発しましたそれにしても、もう二度と会えないかもしれない別れを隊員たちはどういう気持ちで向かえたのでしょうかこないかもしれない救助をずっと待ち続けた隊員たちの気持ちは?それは忍耐の日々でした救助の日がくるまでどう過ごすことになるのか彼らは考えました しかしそれですら、楽観的な見方でした救助は来ないかもしれないのです 彼らはボートを集め、小屋を作ることを考え、土台をつ...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流12

さて再び皆が陸地につきますが、その環境はひどいもので、風がひどい場所でしたマクリン(医師)はこう書いています引用(これほど無愛想な場所はちょっと考えられない)(風は荒れ狂って、逆風ではとても歩けないほどだ。それなのに風から身を守るための物陰が、ここには一切ない)テントは吹き飛ばされ、キャンバスを広げ、石を重石にして寝ましたゆっくりと雪が降り始めます逆風にむかえば、雪が喉に入ってきて窒息しそうになる...
READ MORE

はあい

はあい 久しぶり!に明るいブログでもかこっかな 今日はこんなコーデ♪ヨーロッパのご婦人をイメージしたよ汽車に乗る寸前って感じ?だけど妹にはポワロにでてくるミスレモン(人の名前)に見えたんだって!なんとなく分からなくもない・・・かわいい それにしても   それでも私は可愛いものが大好きなんだと最近知ったエンデュアランス号はかわいくないけど・・・今日たくさんのアイテムの入った福袋が届いた!それを紹介す...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流11

彼らはようやく土を踏みますそのときの様子です引用隊員たちは皆、よろよろとあてもなく石の上を歩いたり、かがみこんで砂利をすくい上げたりした。地面に大の字に寝そべって、その崇高な確かさを味わおうとするものもいた。しばらくその場に座り込んで、ぶるぶると震えながら、訳の分からぬ独り言をつぶやく者もいた。グリーンが急いでミルクを用意し、全員のコップが満たされた。やけどするような熱さのミルクが体内に流れ込むと...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流10

はぐれてしまったドッカー号とケーアード号&ウィルズ号シャクルトンはケアード号にのっていて、ドッカー号を探していました・・・しかしケアード号にも不安の種はありましたこのような状況です引用(疲れきったワイルドが舵を握っていました)水しぶきが船首を襲い、ボートの底で身を寄せ合っている男たちにも降りかかった。ハッセーはメーンスルをつなぐロープを握っていたが、何度か風にあおられて手を放し、ヴィンセントが交替...
READ MORE

写真

あかるりと取りました  ピース!ベットの上で・・えへっとっちゃったよお~((^┰^))ゞれっつダンス!新しく買ったアクションです かわいいでしょ!(*^-^*)...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流9

やがて夜が終わりを告げ、朝が来ます風も穏やかになり、太陽が昇りますそれは彼らに生きる力を再び燃やしてくれます一行は、右舷のかなたにクラレンス島の山並みを目撃します再び出発し、一行は島まで二十四キロ以内にきます皆、八十時間近く睡眠をとっておらず、体力の限界に来ていましたそれでも死に物狂いで頑張りました進むか、死ぬかという感じでしたやがて、ウィルズ号という一番航海に適さないボートを一番航海に適している...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流8

彼らは荒れ狂う氷の海のなかに閉じ込められていましたこのまま夜になってしまうのでしょうかこれ以上氷盤は持ちこたえられないでしょうそうなれば夜の間に彼らは荒れ狂う海に放り出されるのでしょうか・・・引用大きな叫び声が上がった。反対の方角に、亀裂が入ったのだ・・・氷は目に見えぬ力に突き動かされるように、少しずつ割れていった。彼らの目の前で、水が亀裂になだれこみ、大きく渦を巻いた。・・・男たちは広がりつつあ...
No image
READ MORE

エンデュアランス号漂流7

この部分が私は二番目に好きなんですじっくり読んでください♪隊員たちは再び海に出ます流氷の間を進み氷のない海に出ますでもまたすすんだところ流氷がありましたそこをようやく通り抜けたそのとき・・・三隻は風の影響をまともにうけて、波が三隻に襲い掛かってきます前へ進もうとする隊員たちに凍えるような波しぶきがかかります昨日、氷が割れてよく眠れなかった体にはその冷たさがこたえます風はますます強くなるばかりでした...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。