スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ物語

こんにちは~


最近暑いですね


蒸し蒸ししてほんとに嫌になります


私なんかも、最近は夏バテ気味で、起きているのがきついです


体がおも~くって、ゼロだけどジュースばかり飲んでいるせいか、お茶があまり入らないというか・・


なんだか眠くもあります


でもそうして寝てあとで後悔するのは自分なわけで、できるだけ起きているつもりなんですけど、みんなからは寝てばかりにやっぱり見えるみたいです


なんせ、私一人、家にいることが多いので、一人になると布団につられてぐうとなることが多いのです


ダラダラしてるなあ・・


ところで最近アメリカ物語を見ました


知らない人もいるかもしれないですね


スピルバーグ監督が初めて映画の総指揮をした映画です


ファイベルという幼いネズミが、アメリカに向かう途中で家族とはぐれて、それからアメリカに流れついて家族と再会するまでの冒険?活劇物語です


ネコが大きくかかわった物語で、お化けみたいなトラみたいな牙の見るからに悪そうな猫たちがたくさん出てきます


ネズミから見た猫だもの、可愛くはないよね^^;


そんな猫たちに脅かされた生活を変えようとネズミたちが立ち上がり、猫を追っ払う物語でもあります


中にはネズミを食べない菜食主義者のネコ(ブロッコリーが大好きらしい)もいて、その猫ちゃんは追い出されないですんだみたい


陽気でちょっと抜けてる、面白い猫ちゃんです(その猫ちゃんとかは怖くないです)


ファイベルと友達になったりもします


そしてファイベルは家族と再会・・


ファイベルと再会できたときにお母さんがいうのです


「アメリカってほんとうにいい国ね」って・・


希望に満ち溢れた1885年当時のアメリカのイメージがたくさん詰まってる作品です


そして何より、途中とエンディングに出てくる歌が好きなんです


サムホエア・アウト・ゼアという歌で、とってもきれいな歌なんです


劇中の中の可愛い歌詞しかしらないのですが・・


こんな感じです^^



どこかで 月をながめ
想いだして ぼくのことを
だれかが 祈りをこめ
めぐりあう日を 待ちつづけている

たとえ遠くに離れていても
お祈りをしましょう お星さま
夜風は唄っている 子守唄
眠るのはおんなじ空の下

どこかで 愛がかよう
めぐりあえる
いつかは 夢がかなう


こんな感じです


これが出てくるシーンは、一人離れたファイベルと、ファイベルが生きていると信じ続ける姉のターニャが、離れてはいるけれどもに夜空の下で同じ歌を歌っているという場面です


最後に流れるエンディングのこの歌もとてもきれいです


静かで、星空のメロディーのような感じかな?


久々にみてまたいろんな発見ができたみたいです


この映画は小さい、ほんとに小さいころから見てたので、すごく慣れ親しんだ感があります


たまにはこうして、昔に見たきりの映画を見るのもいいですね(o^-')b


では、そろそろご飯を作らなきゃ・・


またねマタネッ(*^-゚)/~
スポンサーサイト
copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。