スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~モモという時間の物語を読んで~本の感想


ちょっと前にモモを借りておとといくらいに読み終わりました


私がこの物語を本で読んだのは12歳よりももっと前だったような気がします


だから実に10年以上はたっていることになります


ほんとにかすかな記憶しかなくて、でもその内容は鮮やかに心に残っていて、言葉としては覚えていなくても、その物語が言わんとすることは私の心に刻まれていたような気がします


でも、もう一度読んでみるとああこんな言葉だったのかと驚くほどにたくさんの発見があって、とても楽しく読むことができました


この物語の神秘ともいえる素敵な雰囲気も存分に楽しみながら、私はモモの世界に浸りました


今日はその本の中から印象に残った言葉をいくつか載せておきますね^^


まずは、モモが人の話を聞くことのできる子だったと述べられている箇所です


こんな風に書かれてあります


「小さなモモにできたこと、それはほかでもありません、あいての話を聞くことでした。なあんだ、そんなこと、と皆さんは言うでしょうね。話を聞くなんて、誰にだってできるじゃないかって。
でもそれは間違いです、本当に聞くことのできる人はめったにいないものです。
・・・彼女はただじっと座って注意深く聞いているだけです。その大きな目は相手をじっと見つめています。すると相手には、自分のどこにそんなものがひそんでいたかと驚くような考えが、すうっと浮かび上がってくるのです。」


私も最初の時はそれくらい自分にもできる、と思っていました
でも意外とこれが難しいんです
相手の話を聞いているうちに自分の話をしだしてしまったり、だんだんほかのことに興味が向いてしまったり・・
相手の目をまっすぐに見て、まっすぐに聞いてくれるモモ。
そんなモモにはこんな才能もあったようです
近くの箇所ではこう書かれていました



「モモは犬や猫にも、コオロギやヒキガエルにも、いやそればかりか雨や、木々にざわめく風にまで耳を傾けました。
するとどんなものでもそれぞれの言葉で、モモに話しかけてくるのです
・・モモはよく一人で長い間、古い劇場の大きな石のすりばちの中に座っていることがあります。頭の上は星をちりばめた空の丸天井です。こうしてモモは、荘厳な静けさにひたすら聞き入るのです。
こうして座っているとまるで星の世界の声を聞こうとしている大きな大きな耳たぶの底にいるようです。
そして、ひそやかな、けれども壮大な、えもいわれず心に染み入る音楽が聞こえてくるように思えるのです。」


とても美しい言葉と情景で・・最初に読んだ時にもとても憧れました
やがて物語を読んでいくと、この音楽とは、太陽や月や星が、各々のほんとうの名を告げて、モモに語りかけているようなそんなメロディーだったのです


その場面の描かれ方もとても美しいです
その場面についてはまた後ほど触れますね


そのほかにもたくさんいい言葉があります


たとえば、物語に出てくる大事なキャラクターの一人、モモの親友のベッポおじいさんの言葉も


彼は道路掃除夫でしたから、道路を掃くことをたとえにして、こう語りました



「一度に道路全部のことを考えてはいかん。わかるかな?次の一歩のことだけ、次の一呼吸のことだけ、次の一掃きのことだけを考えるんだ。いつもただ次のことだけをな。すると楽しくなってくる。これが大事なんだな。楽しければ、仕事がはかどる。こういう風にやらにゃあだめなんだ。」



すごく実用的な役立つ言葉です


他にも、時間についてこんな風に書かれていました


誰もが知っている通り、その時間にどんなことがあったかによって、わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、逆にほんの一瞬と思えることもあるからです。
なぜなら、時間とはすなわち生活だからです。そして人間の生きる生活は、その人の心の中にあるからです。


なるほど、と深く考えさせる言葉でした


その人の心に余裕のない時、心が楽しい時では時間の進み方が違いますよね


時間とは生活、そして心の中にあるもの・・・


なんだか素敵だな・・・



そしてこんな言葉も


「人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそって無くなってしまうのです。」


作者は無駄な時間など一つもないよ、一つ一つに意味があり、意義があるだからそれぞれを大事にしなきゃいけないんだよと言いたかったんじゃないでしょうか


それに作者は機械的なお人形やロボットよりも想像力を働かせて、遊ぶことのほうが子供たちのためになると感じていたようです


モモにもこの機械的なお人形が灰色の男から手渡されたりしますが、モモは受け取りません


いずれ飽きてしまうからです


それに友達と遊ぶほうがずっと楽しめます


私の場合に当てはめると、ゲームなんかがそれかな・


程よくやる分にはいいかもしれないけど、今ははまりすぎてしまってます


これも時間を奪われているそういう状況を自ら作り出してしまったのかもしれません


もっともっと有意義な、人間らしい時間を作りたいです


まだお話ししたい言葉があるのですが、まだまだ続くので今日はここまでにしますね


モモ・・この本はとても考えさせる本です


機械があったら読んでみてください


では!



スポンサーサイト

着せ替えシールBOOKでコーデ☆

こんにちは~~~おんぷうぃんく



パイシェルです



今日はこの間紹介した着せ替えシールBOOKで実際に私のコーデをしてみました☆



いつもプーペでコーデしている私・・



シールってちょっとやりにくくて、しっぱいしたらはがすのにちょっと神経使いました



でも何とか!4コーデ完成です



ほんとはもう1コーデ完成したけど違うページにコーデしてるのでそれは今は載せません


コーデできるページは全部で12ページでそれぞれ、2人コーデできます


最初は色でコーデするページがあって、シールもその色の分がちゃんとわけてあるんですが今回はそのページのシールだけでなくていろんな色ジャンルから、似合うものを選んで一応色はテーマにそってコーデしてみました☆



まず最初のコーデ☆


赤とピンクがテーマです




左がピンク・・右が赤です



左は結構やり直ししました



赤のほうも、たくさん失敗してしまったけどなんとかできました



左はピンク×黒右は赤×白で統一してます^^



そしてお次の2コーデは・・



紫のかわいらしいコーデに、青の鮮やかな大人の女性って感じのコーデです



この2つのコーデはほとんど同じ紫&青のシールページから取りました



小物などは違うページから取ったりしました


シールでコーデ青と紫



簡単だったのにこちらのほうが統一感があります



工夫したところは、紫のコーデの子のバックに遊び心で香水をしのばせてみたりしたところかな?



それくらいしかないですが、結構このコーデ4つ考えるのに、1時間はゆうにかかってて・・



シール、子供のおもちゃといえど結構洋服も可愛いし、色も鮮やかで着てみたいなと思うものがいくつか・・



コーデも難しいけどそれなりに楽しめてます^^



プーペのほうもおろそかになりがちなのでまたコーデしようかな♪



ではまた~バイバイ


着せ替えシールBOOK

こんにちは^^


パイシェルです


ちょっと前に着せ替えの女の子向けのシールBOOKを買いました^^


最近届いたので、ちょっとやってみました


どんなものか紹介しますね


このシリーズを買いましたドキドキ
着せ替えシールBOOK


ほんとは子供向け(12歳から)だけれど、結構評判がよくて大人でも楽しめる感じだということだったので買ってみました


で、感想はというと~~~


まだ本格的にコーデしてないのでわからないけど、シールがたくさんあって、デザインも可愛いし、見てて楽しくなりましたハート



シールを一応全部載せておきます


使ってあるのもありますが、こんな感じのシールです~
着せ替えシールBOOKシールたち



小物も充実していて、楽しめそうです


メイクのページもあって・・



メイク前の顔ページ



メイク後の顔ページ



こちらはちょっと子供だましかなと思いましたが、でも、アイテム自体は可愛いです


ネイルなんかもありました


ちなみに肌の色が変わっているのは照明のせいです


さっそくちょこっとだけコーデもしてみました☆



指示通りのコーデ1



シンプルなワンピに、ベルトつけたり、ファーを付けたり靴を履かせたところです


この組み合わせはアドバイスされていた組み合わせなので私の好みじゃなかったかな?



着せ替えシールBOOKで指示通りにコーデ



こちらもアドバイスされていた組み合わせ・・


こちらのほうが私は好きです


特に右側かなw


まだ自分なりのコーデはやっていないので今からやりたいと思ってます(*^-^*)


子供っぽいかもしれないけれど、コーデの勉強にという思いもあって買ったので、やってみますねラブラブ



ではまたね~マタネッ(*^-゚)/~

THE ROLA !!

ハロ~☆

パイシェ~~~ル!!


今日はローラBOOKのTHE ROLAの大体の内容と私の感想についてたくさん話したいと思います~(*’v`丱)☆+゜

ドーラの次はローラってなんか関係あるのかって?いやじつはないんだよ~

たまたま書こうと思った時期が同じだったんだ~

では行くよ~~~~O(≧▽≦)O

まずねローラの本を読んでびっくりしたことが一つ・・実は私ローラと同じ年なの~ハート

それが一番、うれしかったっ!アハ~☆(ローラ言葉を意識)

ではまず、本の一番最初あたりにでてくるローラヒストリーを少し・・

もちろん、全部とかたくさんは紹介できないけどね・・^^;

あと写真とかも載せられないからごめんねm(u_u)m

ローラは東京生まれなんだって!

私は九州から出たことの無い九州女だから東京のことはぜんっぜん分からないなあ~

あとローラは、小さい頃に池に落ちておぼれそうになったみたいだけど助けられて命拾いしたみたい・・

小さい頃はマンゴーをめっちゃんこ食べてたんだって☆

面白かったのは小学校卒業アルバム20歳の自分に向かって、人生長いんだよ~なんていってるところだったかな☆

初恋をしたり、プロポーズされたり、いろんなことがあって今の事務所にスカウトされて現在にいたってるよ


(もっと詳しくは本を見てね)


次はローラ100の質問の中で面白いと思ったところを少し・・

生まれ変わるなら何になりたい?には、鳥になりたいって!

それは私も同じ、なぜならいろんな大自然が見れるしどこへでもいけるからだって私も同じ答えかも・・

空を飛んでみたいのが大きいけど、やっぱりどこへでも気軽にいけそうだから・・

ほかには・・憧れてる動物は・・という質問

私は馬だけどローラは鮭なんだって!

一生懸命川を上っているあの鮭みたいにあきらめない強い人になりたいんだって・・なるほどね^^

それからローラは自分の中で、3人いるんだって

歌う時の自分、モデルの自分、トークしたりしている時の自分・・・3番目が素のままの自分・・

だからあんなふうに面白くて可愛い素直なローラが一番自分に近いのかもね

(私もちょっと似たところもってるんだよね・・・実は・・・)

あとローラはくしゃみが大きいんだって

私も大きいよ~

結構大きく、へええっくしょいってするからおじさん見たいって言われちゃうw

なんか共通点があってうれしい~なんてね(*^-^*)

100の質問についてはこれで終わり

ほかにもローラはさくらんぼが好きで、しょっちゅう食べてるんだって!

いいな~私の家ではさくらんぼは高い!と見られていて、めったに食べられない・・泣

でもたしかに可愛くておいしいよねさくらんぼは・・

ほかにも、ローラのヘビロテしているアイテムとコーデがたくさん載ってたよ

大人っぽさのだせるジャケットや、ハイウエストで裾のひろがったショーパンなんかをよく着るんだって


ほかにもローラに1日中密着した写真のマンガみたいなのや、メイクの仕方とメイク用品の紹介などいろいろあったよ~☆

それから芸能人からの寄せ書きもあり!

それにはローラがコメントで返しているよ♫

それからコーデ毎日100スタイル・・ローラ、モデルとしてもバリバリやってるんだよね~けっこうかっこいい!


ローラが憧れの男性としてみている藤岡弘さんとローラの会話もあり~♪

二人はつり行ったりするみたい


ほかにもローラが考えた6つのデザインネイルの紹介・・これがまたすごく可愛い!

面白いです~

またローラがしている髪のゆる巻きの方法や、ローラが使用しているボディケアグッズの紹介、そしてわたしが一番いいな~と思ったのがローラの素敵な上品でロマンチックなお部屋の紹介でした~

こういうお家にすみたいって思っていたのそっくりそのまま、ローラって・・センスいいなあと思いました☆

ほかにもまだ書いてないことはいくつかあるけど、大体こんな感じだよ

楽しいから是非読んでみてね!

では~読んでくれて☆.。゚+..。゚+..。..゚+..(ゝc_,・`。)アリガト ♪
copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。