スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルフェウスの窓劇場 第二段 プーペ

こんにちは遅くなりました


オルフェウスの窓第二段プーペです


今回はイザークとマリア・バルバラ


オルフェウスの窓のあらすじについては第一段を参照・・・


では始まり~

$大好きなプーペガール

ありがとうぼうや!いつか君の憧れに恥じないベートーベンを弾くよ!・・・行き先変更です ザルツブルク一枚!・・・

イザークはそれまで悩んでいました

(一体自分の音楽には何がかけているのか

バックハウスの弾くベートーベンこそ本物のベートーベンだ・・

なのに彼は批判され、僕は賞賛されている・・・)

もう一度あのように(バックハウスのように)弾けたら死んでもいい!

そうしてバックハウスの日程をダーヴィトに調べてもらい、バックハウスがウィーンを去る前に会いに行こうと決めかけたところアマーリエから電話が・・・

もう一度会いたい 会ってくれると信じているという内容で、アマーリエが指定したその日はザルツブルクでバックハウスと会えるかもしれない唯一の日でした

イザークははじめ悩みながらアマーリエのもとに行くほうを選ぼうとしますがその場所へ向かう汽車に乗り込んだとき、一人の少年と会います

その少年は純粋なまっすぐな目をしていて、あなたのようなピアノが弾けたらとずっと願っている、真正面から楽譜に向かうあなたのピアノ、あなたのベートーベンが大好きだといってきたのです


イザークはそのとき、迷いがふっきれて音楽に対する自分の愛を再び再確認することになりました


そして急いで走り出した列車から飛び降りて言ったのです


ザルツブルク一枚・・・!と


その言葉がイザークの中で繰り返されているところからその言葉を言えた喜びをかみしめているようでした


自分は音楽が好きなんだ、もう一度やり直そうそんな気もちのこもったザルツブルク一枚だったのではないかと・・


イザークはこの後成功します


そしておそらくその人生はピアノが弾けなくなったりつらいこともあるけど、バックハウスがイザークにのべたこの言葉のようにになったと思います



<きっと、君も僕も共に美しい音楽に満ちて生涯を送れるのです>








さてイザークをしてくれた麻○さんに・・・


本当にイザークがそのままプーペにあらわれた見たいです


ピアノを弾きそうな黒髪のまじめそうなでもかっこいい男の人って感じです


ほんとにそのままですごくいいです


あの漫画を読んでないのにここまでできられるとはびっくりです


あは・・・私が一番下手かも・・・


ありがとうね!
$大好きなプーペガール


(母さまが私をだましていた!ヴィルクリヒ先生と一緒に死ぬなんて!私がずっと愛していたヴィルクリヒ先生と!・・・私に寄りかかるつもりなの?・・・ユリウスあの女の息子!)


しばらくして・・・

「ユリウス!どこ!帰るわよ!」(はっ・・ユリウス・・)
<泣き悲しむユリウスを抱き寄せて・・・>(不思議な血のあたたかさ・・・・)


マリア・バルバラ・・私は今までそこまで好きではなかったキャラクターです


物語の重要な人物ではないけれど、目立たないところで家族のために働いています


マリア(これからそう呼ぶ)はヴィルクリヒ先生をずっと愛していましたが、報われませんでした


ユリウスの母もヴィルクリヒ先生を愛していてヴィルクリヒ先生もユリウスの母を愛していました


でもユリウスの母はもう二度とヴィルクリヒ先生とあわないことをマリアに誓います


ユリウスの母がヴィルクリヒ先生と一緒に死んだのはマリアを裏切って会いにいって一緒に死のうとしたわけではないのですが結果そう映ってしまいマリアは彼女をうらみます


でもマリアはユリウスの母を恨むゆえその葬儀のときにはじめは寄りかかろうとしたユリウスをよけますが、その後にはユリウスを支えながら、(不思議な血のあたたかさ)を感じます


このとき感じたあたたかさは、ユリウスのなかに自分と同じ血のつながりを感じたのはもちろんだと思いますが、ユリウスが自分と同じく生き、悲しみ、喜び、いろんなことを感じている一人の同じ人間だということをそこで感じたのではないかと私は思います


血のつながりのある家族としてのあたたかさももちろんあたたかいものですが血のつながりがなくても同じ感情を持つ人間として愛し合うそういう温かさも大事だと思います



マリアはこの後アーレンスマイヤ家をユリウスが去った後もユリウスのために守り続けます


<いつか・・ユリウスが帰ってくるときのために、誰かがアーレンスマイヤ家を守っていなくてはならないでしょう>マリアはそういっています


でもそれはきっと並々ならぬ努力と辛抱がいったことでしょう


ユリウスは10年以上も家を離れていたのですから


マリアはユリウスが帰ってきてユリウスが記憶を失っていることを知ったとき、なんてこと!とショックを受けた感じでした


あなたのためにこの家をずっと守り続けて待っていたのにどうしてこんなことが・・と思ったでしょう


結局ユリウスは殺されてしまいます


直前にすべてを思い出して・・


マリアがそれをどれだけ悲しんだかは分かりません


そのことは書かれていません


でもマリアは物語の最後までアーレンスマイヤ家で暮らしこの家を守ります


そして最後にはダーヴィトと結ばれます





ここで、U○こさんへ


こういう遊びを一緒にできてすっご~~~~~~~~くうれしかったです


ブログも楽しく書くことが出来ました


U○こさんのこのマリア・バルバラ、よく雰囲気が出てると思います


こういうドレスをわたしずっと探して結局見つけられませんでした


床まで届いて、つつましい感じの、目立たない、ドレス・・


そして肩にかけたストールと腕にかけたストールこの二つがいい雰囲気だしてると思います


こういう計画を企画してくれてほんとにありがとう!




ではいよいよ最後・・・この物語のしめくくりはさわやかなものです


ダーヴィトはイザークとこんな会話を交わします


ダーヴィト「おい、素晴らしい少年時代だったな」


イザーク「ああ・・・!」


イザーク「ウイーンへはまだ戻らないのか?」


ダーヴィト「ふふ・・・」


イザーク「なんだ・・・?どこかへ行くのかい?」


ダーヴィト「まあね・・アーレンスマイヤ家へ・・こんどは素晴らしい青春を篭絡しに」


そしてアーレンスマイヤ家でマリアに対し、ダーヴィトは「一緒に暮らしませんか?」


「ばっばかにしてるのね!?」


マリアはダーヴィトに向かってあげた手を下げます・・二人はこれから一緒になるでしょう


そしてイザークがオルフェウスの窓を見ながら心のなかでこう叫びます


<オルフェウスの窓・・・限りなき青春の軌跡・・・!>


おしまい
スポンサーサイト

オルフェウスの窓劇場  第一段 プーペ

グーテンターク

今日はオルフェウスの窓のブログです


オルフェウスの窓のお話をものすごく簡単に言うとこんな感じです


オルフェスの窓・・・その窓にはひとつの言い伝えがありました


その言い伝えとは、「オルフェウスの窓」に立った男性が階下を見たとき、最初に視界に入った女性と必ず恋に落ちるが、その恋は必ず悲劇に終るというものでした



ユリウスという名まえのドイツ人の女性(父の財産を受け継ぐため母の野望で男として生活していた)はその窓でクラウスと出会い、クラウスとユリウスは互いに愛し合うようになります


またイザークもユリウスとその窓で会っていました


しかしユリウスはイザークではなくクラウスを愛しました


イザークはそのためにユリウスに苦しい恋をしますが後にユリウスへの思いを断ち、別の女性と結ばれます


また、クラウスは実はロシア人で革命家(本名アレクセイ・ミハイロフ このブログではクラウスと呼ぶ)で、ドイツに逃れていた身でした


やがて自分の身に危険が迫ったことを知り、クラウスはロシアに戻ります


それからドイツのアーレンスマイヤ家(ユリウスの家)ではたくさんの人が復讐で殺されてしまいます


マリア・バルバラ(ユリウスの腹違いのお姉さん)も大怪我をおいます


ユリウスは生き残り、その事件が解決した後クラウスを追ってロシアに行きます


イザークはユリウスが去った後、パリに留学し、ピアニストの道を行き、そしてかなりの月日を経てドイツに帰ってきます


一方ユリウス、クラウスの二人はロシアで一緒になります


そして革命でクラウスは死に、ユリウスはドイツに帰ってきてからその何年も後に復讐者の残りに殺されてしまいます


そうして復讐劇は終わり・・・


レーゲンスブルクでは生き残った人たちがやがてささやかで幸せな生活を送るようになります


こんな感じのお話です


では始まり~

$大好きなプーペガール


僕は誰だ・・?何でこんなところにいるんだ!どうしてロシアなんかに一人で・・ああ分からない!

ユリウスはあるとき記憶を失います
ロシアに一人行ったユリウス記憶を失ってさぞ不安だったろうと思います
結局すべての記憶が戻るのは物語の最後になってからです

以下、間違ってるかも知れないけど・・・


<時よ-この街の上だけはわけてもゆっくりと祝福をこめてとおりすぎるがいい


石畳をすべる思い出は一つ一つの靴音に染みとおるだろう>


この言葉はユリウスがロシアから帰ってきたときにレーゲンスブルクに対して言う心の中の言葉だったと思います

ユリウスはこの街をそれは深く愛していたんだろうな


この街で生まれこの街で育ち、苦しいことも悲しいことも、大切な思いでもここで経験しました


だからこの街には深い思い入れがあったことでしょう


この街で様々な出会いが生まれ様々な人がこの街で愛しあい、憎みあい、悲しみ、喜び、たくさんの思い出をこの街で作ってきました


それだけにただの石畳もユリウスにとっては思い出が行き交う場所のようになったんじゃないかな


誰しも一つは実際のではないかもしれないけど心のふるさとを持っていると思います


そこにいくといつも昔の懐かしい出来事がありありと思い出せるでしょう


ごめんなさい忘れてました皆さんのコーデに感想を、自分のコーデに説明をしてなかった!


このコーデは・・・実は本当のコーデじゃないんです


本当のコーデではパスポートを持っていました


これがそのコーデ
$大好きなプーペガール



私のミスで自分のコーデだけスナショをとるのを忘れてたんです


ともかく、ロシアから帰ってきたところという設定なので出来るだけ寒そうにしたかったんですがうまくいかず、コートにマフラーをつけただけ・・・


髪型は結構悩みました


でもいいのが見つからずこれになりました


$大好きなプーペガール



(兄貴の形見)・・ストラディヴァリ・・・今は・・・置いていく・・・!


兄貴の形見を置いていくほどユリウスの気持ちにこたえたかったのかも


この場面はクラウスが身の危険を感じユリウスには何も言わず列車に乗ってロシアに戻ろうとしていたんですが、ユリウスが馬で追いかけてきて派手に転んでしまったのを見てやつら(ロシアの政府の回し者 クラウスは革命家だから)の目を盗んで列車から川に飛び降りるその直前の場面です



クラウスは列車に一緒に持ってきていたストラディヴァリ(ヴァイオリン クラウスの兄の形見)を列車においてユリウスのもとへ行きます


このときのクラウスの言葉・・今は置いていくの今はと言う言葉から今は、今だけは置いていく また必ずこの楽器を手にするんだ 今はユリウスのために一度限り手放す-そんな気持ちが伝わってきます


クラウスも実際、川に飛び降りる前、ユリウスが馬で追ってきて転んだのを見て降りようかどうしようかと悩んでいるシーンがあります

そして心の中で、( もう少しの辛抱だ・・~までいけば・・(もう少しでやつらから逃れられてロシアへいけると思ったんだと思う)ああ・・でも・・・!・・もう少し行けば橋がある そこで・・・)そしてクラウスは決心をし、川へ飛び込むのです


危険をおかし、そして命より大事なもの兄貴の形見をおいていく・・悩まなかったはずがありません


でももっと大事なものそれがユリウスだったのかな


命をかけて自分を愛してくれた生身の人間-その気持ちに魂の限りをつくしてこたえること-これ以上に大事なものはないのかもしれないです


クラウスはこの後、革命の闘士になります そしてクラウス自身考え方を変化させるところがあります

ユリウスのその愛に自分は今答えられないし、自分にはやるべきことがあるからとユリウスを結果的に突き放していたのが人は愛し愛されることが必要だ 自分に厳しくする必要はないというアドバイスをきいてユリウスをもう離さないと誓い、自分たちのためにも時間を使うようになります


そして子を身ごもったユリウスのために命をかけて会いに行くことすらします


その結果命を失うけれど、死ぬ直前までユリウスのことを(可愛そうなユリウス おまえを残していかなければならないのか?)とユリウスを気遣います


こうして考えてみると、完璧に男らしい男の中の男と思えるクラウスでさえいやそうだからこそ悩み苦しみそして考え方を変えることもしたんだと思います


私はクラウスが好きです


クラウスの男らしいとこ、深く仲間を愛する心、ユリウスに対する愛皆好きです


でも今までは学生時代のクラウスが好きでした


一番の理由はその頃のクラウスの絵が好きだから


でも今こうして考えてみると、人間として深みをましていく後半のクラウス(アレクセイ)のほうが魅力的かもしれないと思いました


さ○らさん、私の思っていたのよりはるかにかっこいい、洋服などもイメージどおり、見事にクラウスを演じてくれました


ありがとう


きっとすごくなやまれたでしょう


わたしったらさ○らさんにお礼もいわず、コーデについてもなにもいわず・・・失礼しました



今度また読んでみようかなオルフェウス・・・







ちょっと長くなったので続きは第二段で・・・バイバイ

あかるり退会フィナーレ

ハロ~


パイシェルです


お久しぶりですね


今日はあかるりが9月一杯で退会するのでそのフィナーレとしてベルサイユの薔薇をしたそのコーデとお遊びを載せます


コーデはプペクラで撮りました


ジャーン!!!


$大好きなプーペガール-オスカルとアントワネット1


ジャジャジャーーーン!!!!


$大好きなプーペガール-オスカルとアントワネット3


ジャジャジャジャジャーーーーーーーーン


$大好きなプーペガール-オスカルとアントワネット2


3連発です


どれも華やかで素敵でしょ?


妹のオスカル結構いいですよね?


私のアントワネットも目が自然になって頬をぽっと染めてかわいらしい


以前は目がでか!tって感じでしたがよくなりました


ちなみに以前のはこれ


$大好きなプーペガール


華やかだけど、今回のほうが私は好き・・・


それからこんなお遊びもしました


アントワネットとオスカルになりきって会話をしました


といっても遊びなのでヘンな会話ですが・・・


その会話、再現しますね


場面はプチトリアノンの庭園・・・


アントワネットは外でお茶会をしている


オスカルもまねいて待っている・・・


アントワネット「あははははは 面白いわ それ で、その後どうなすったの?」


オスカル   「アントワネット様。(アンドレと共に到着)」


アントワネット「ああ来たわね!オスカルようこそ・・・・キャアアアッ」


カラスがアントワネットの髪の毛に降りてきて、足が髪に絡まってしまう


アントワネット「頭の上に何かいるわー助けてーオスカルー!」


オスカル   「アントワネット様っ!!!」


オスカル   「失礼いたします  シャキーーーーン(剣を抜く)」


アントワネット「キャアアアアやめてオスカル!なにをしようというの!?いやーーーーーーー」


オスカル   「は、しかしこの方が確実に・・・分かりました アンドレ!」


アントワネット「いやー怖いわーーー(泣き出す)」


オスカル   「(アンドレに)お前の髪の色と同じ色のカラスだぞ!仕留めてみてはどうだ?」


しかしアンドレは断る


オスカル   「では、アントワネット様、頭上失礼!」


アントワネット「キャッ・・・<それ以上言葉が出ない>」


オスカル、カラスを取り除く


オスカル   「お前たち、すぐにアントワネット様をお世話いたせ」


アントワネットの髪は元通りになる


オスカル   「アントワネット様、お怪我はございませんでしたか?怖い思いをさせて、申し訳ありません」


アントワネット「うううっううっ何もございませんですことよ うわーん」


オスカル   「このプチトリアノンではカラスなど危険な動物も防ぎえぬ場合がございます どうぞ宮廷にお戻りになられてはいかがでございましょうかこのオスカルの心からの願いでございます」


アントワネット「うううっ(泣いている)」


オスカル   「さあどうぞ泣くのをおやめください もうカラスは去りました」


アントワネット「ぐすんオスカル・・・それはいやです・・あのむなしい日々に戻れとおっしゃるのですか?子供たちの世話もできずに一日を謁見と踊りに費やされる毎日ですのよ」


オスカル   「申し訳ありません 私が申し上げることではございませんでした 」


アントワネット「オスカル・・・」



これだけですが面白かったです


なりきれてはいないと思うけど、楽しい♪


今日は白鳥の湖のジークフリートオデットになりきりました


楽しいです~


それも載せるかも?


ではまた~バイバイ
copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。