スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルばら大イベント黒い騎士を追って第二段~ロザリーとの再会~

こんにちは^^



久々にイベント更新ができそうなので更新します


なんか遅れに遅れてもう、やる気失せてたんですが、プーペもいつまであるかわからないし、完成させたいなと思って、再開することにしました☆


いつ更新できるかまだわからないのであまり期待しないでね


それでは半年ぶりの・・続きです


場面はオスカルが黒い騎士を追ってパレ・ロワイヤルにきてしまい、反国王派に捕まりそうになったとき、オスカルが誰かに手をひっぱられ、どこかの建物の中に引き込まれたところです


では始まり


・・気が付くと、オスカルはベットの上にいた


誰かが心配そうに自分の顔を覗き込んでいるのがぼんやりと浮かぶ


やがて意識がはっきりして・・「ロ、ロザリー!?」


そこにはなんとロザリーがいて、心配そうにこちらを見ているではないか


さらに40代~50代くらいの平民らしき女性も一緒にいた


「こ・・ここは??」

オスカルが訪ねる


平民の女性「ゆうべは驚いたよ 物音がしたんで覗いてみたらまあ!この子の持ってる肖像画の人じゃないか気丈な人だねえ 家に入るなり気絶してさ」


どうやらロザリーに助けてもらったらしい


オスカルはロザリーの手を取って、

オスカル ロザリー心配したぞ


「ロザリー、どんなに心配したか・・・」


するとロザリー涙ぐんで、「すみません私・・わたし無理やり結婚させられそうになって・・・ここは私が前に住んでいた家の隣の・・」


オスカルはロザリーの手をぎゅっと握った


「あ・・わ・・わたし今野菜市場で働いています 働くことは慣れてるし・・それに野菜の残りももらえて助かるんです」

ロザリーはそっとオスカルの手から手をはなした


ふーっ


オスカルが息を吐く


「あ・・いま食事をお持ちします」そういってロザリーは立ち去ろうとした・・


が、こらえきれなくなって立ち止まり・・・


ロザリー「くっ・・・うっえっえ~んえっえ~~ん・・」


オスカル「ロザリー??」


「オスカル様!」

ロザリー オスカルさま


「オスカル様オスカル様!オスカル様~~~っ!」


「ロザリー、ばかだね!なぜすぐに私のところに戻ってこなかった?もう何も心配することはないんだよ」


・・ポリニャック泊夫人はもうすっかり宮廷での権力をなくしてしまったのだから・・



・・その後、オスカルは食卓について、スープらしきものが一杯だされた・・


ごくん


オスカル「あ・・あの食事の前に何かないか?カフェ・オ・レかショコラか・・」


ロザリー「あ・・すみません今食べ物それだけしか・・」




・・これだけ??


これだけって・・これはスープではないのか?


野菜の切れ端がほんの少し浮いてるだけの・・これが食事というのか??

オスカル これが食事?
うそだ・・


私がいつも家でする食事といえば・・


とりどりのオートブルに何種類かのスープそして幾皿ものアントレやアントルがでて、焼き肉にゼリーにぶどう酒に・・・


ぱくっ・・一口、口にするとオスカルはスプーンを皿へ戻した


ロザリー「すみません・・お口に合わなかったんですね ごめんなさい・・でももうパンも何も無いんですごめんなさい・・」


「ロザリーなぜおまえが謝るのだ・・私は今、自分がどうしようもなく恥ずかしいのだよ 誰に対してでもない、自分自身に対してたまらなく恥ずかしいのだ・・何もかも知っているつもりでいた 与えられた毎日の生活を当然のものとして受け止めてきた・・自分と同じ人間がこのような食べ物で生きているなどと考えてみたこともなく・・考えてみたこともなく・・!」


そういうオスカルの頬には涙が伝っていた


ロザリー「オスカルさ・・ま・・」


オスカル「ロザリーお前が小さな手をあかぎれだらけにしながら手に入れてくれた食べ物だ 遠慮なくごちそうになろう」


そうしてオスカルはロザリーのくれた食べ物を残さず平らげた


世の中の不平等を知っていくオスカルの中で少しずつ変化が起きていた


そしてロザリーは再びジャルジェ家に来ることになる・・


・・まだとらえられていない黒い騎士、次こそは・・!


今回のお話はここまでです


次は・・まだ題名は決めてないです


次で、黒い騎士がいよいよ現れます


捕まえるのはその次くらいかな・・


ではまたね~^^



スポンサーサイト

ベルばら大イベント~黒い騎士を追って第一弾~

ハロ~


パイシェルです


私って結構気分やさんなので、ベルばらイベも口調が変わったり、なかなか更新されなかったりしますが、楽しんでもらいたいという思いでやっているのでこんなブログですがどうぞ楽しんでいただければと思います^^;


では今回はいよいよ!


面白い部分に到達ですね~


黒い騎士が出てきます


私はっきり行って黒い騎士そこまで好きじゃないですが昔はこう見えても?憧れていました~☆


どんなところに憧れていたかというと・・やっぱりちょっとかっこいい、あとリーダー的存在というところにかな??


今は誰が好きかというと・・それはもうちょっとさきで教えますね^^


ではさっそく物語りに参りましょう!


前回からのあらすじをざっと述べるとこんな感じ・・


フェルゼンへの恋を終わらせようと名前を隠し、ドレス姿で一人の女性としてフェルゼンと踊ったオスカル・・


その直後に黒い騎士に出くわしますが逃がしてしまいます


その後オスカルは黒い騎士をとらえるためにアンドレと一緒に毎日舞踏会に出て、黒い騎士が現れるのを待ちます


そしてついに・・!黒い騎士が姿を見せるのです


物語-


毎日舞踏会に出席していたため、さすがにオスカルたちは疲れていた


オスカル「さすがに疲れるな・・こう連日舞踏会では」


アンドレ「黒い騎士は俺たちのこと感づいてるかもな」


と・・その時、ふっとあたりが暗くなった


「キャッ誰?わたしの首に触るのは!」


「キャ~ッわたしの首飾りが!」 

「私の腕輪もないわ!!」

 「黒い騎士だ!!」

 「早く明かりを・・!」


タタタタタタタタタタタタ・・・・


誰かが階段を登っていく・・?


オスカルは後を追った


とその時明かりがパッとついて黒い騎士がシャンデリアにまたがって現れ、そのまま勢いつけて窓のほうへ・・


「待てっ!!」


オスカルもシャンデリアに乗って後を追う


そのまま黒い騎士は窓を足で蹴り割って外へ飛び出した


「待てーーーっ黒い騎士!」


そういうとオスカルは窓から顔を出し、黒い騎士に銃を向けた


その直後ダーーーーン黒い騎士が撃ってきたので、オスカルは身をかがめた


黒い騎士はそのまま用意していた馬に飛び乗り、逃げていく


オスカルもまけてはいない


急いで馬に乗り、追いかける・・!


(逃すものか黒い騎士 今日こそきさまの仮面をはいでやる!)





大好きなプーペガール-オスカル逃すものか黒い騎士


コーデです


工夫はあまりありませんが、夜の出来事なので暗くしたのと、石畳にして外であることを際立たせたくらいです


物語-


オスカルがそう思った瞬間・・・!!


ダーーーーーン


またも撃って来た


オスカルは地面に転げ落とされた


「ん?いない・・」


気が付くと見覚えのある建物の前にいた

「お・・ここは・・・!パレ・ロワイヤル!?オルレアン公の居城!」


オルレアン公とは国王のいとこながら王座を狙っている黒幕ともいうべき存在だった


(パレ・ロワイヤルに反国王派が集まるとは聞いていたが・・)


オスカル「あ・・うっ!!!」


「殺すな近衛連隊長だ・・!武器庫の場所を吐かせるんだ!」


オスカルは(おそらく反国王派のものたち)に突然銃で頭を殴られたのだ 


反国王派「わっ!」 「ばかっ!ぼんやりしているからだ!!」


オスカルは抵抗して、必死で逃げた


(近衛連隊長!?武器庫??あ・・あ武器庫の場所がどうかしたって!?)


「こっちだ!こっちへ行ったぞ!」


と、その時、何者かがオスカルの手をぐいと引っ張り、建物の中へ引き込んだ 

そのままオスカルは地にしみ込むごとかのごとく、反国王派から見えなくなった


続きはベルばら大イベント黒い騎士を追って第二段~ロザリーとの再会~で書きます



では!GOOD BYE!!


ベルばら大イベント~一生に一度のドレス第2弾~ 


こんにちはパイシェルです


今日やっとこさ第2弾です


今回も物語風に私流でいいまわしとかもけっこう変えていきます


オスカルが舞踏会について、フェルゼンとダンスを踊っているシーンです


では始まり~



オスカルは舞踏会に向かう馬車の中・・


(とうとう私は・・一人の女としてフェルゼンの前に立てる)そう思いながら、ドキドキしているオスカル・・


今のオスカルの思いの中にはまだアンドレの姿はない


ただずっとフェルゼンのことを考えていた



-舞踏会会場-


舞踏会だというのに貴婦人たちの間では見えない不安がたちこめて、話題も黒い騎士のことでもちきりだった


貴婦人A「ごぞんじ?ランバール公夫人のお屋敷にもゆうべ黒い騎士が・・・」


貴婦人B「まあ!ほんとですの?」 


貴婦人C「またですの?」


貴婦人A「ごっそりダイヤを盗まれてしまったそうよ」


貴婦人B「なんて大胆な・・おそろしいわ 


貴婦人C「わたしの家も襲われるのはいつかしら・・戸締りを厳重にしなくては」


やがて入り口から美しいドレス姿の貴婦人がひとり入ってきた


貴婦人A「おくさま!ほらごらんなさいまし!」


貴婦人B「まあ・・なんてきれいな・・」


貴婦人C「見たことのない方ですわね」


オスカルである


そのドレス姿はたしかに、まばゆいほど美しかった

貴婦人が給仕に聞く
貴婦人A「どちらの方なんですの?」


給仕「はあ、なんでも外国の伯爵夫人とかで・・」


そのころフェルゼンとソフィアは二人一緒にいた


ソフィアもうわさの美しい夫人(オスカル)をみつけ、興奮している


ソフィア「まあ!お兄様、見て!なんて素敵な方!まるで彫刻のように美しくていらっしゃるわ 外国から来た伯爵夫人なんですって!」


ソフィアはオスカルに一度だけあったことがあるが、そのときは男だと思ってほれそうになったほどだった


だがこの美しい貴婦人がオスカルだと、ソフィアはまるで気付いていないのだ


フェルゼンもその夫人に気づいて目をやるとそこにはたしかに、まるで彫刻のようなとてもきれいな顔立ちの、美しい女性がいた


だが、オスカルだとは気付かない


フェルゼンがそちらをみるとその女性(オスカル)もフェルゼンのほうに目をむけた


フェルゼンはその夫人(オスカル)をみて、一瞬ハッとした


そこへ心地のよい音楽が流れてくる・・・


「あ・・マダム一曲お相手を」


そうしてフェルゼンはオスカルに向けて手を差し出した


二人が踊ると・・


「まあ・・なんてきれい・・」


「なんてすばやい身のこなしなんでしょう すきがないですわね」


「美しすぎてめまいがしそうだわ」


貴婦人たちは喜んでその話題でもちきりになった


そしてオスカルは・・・


ひとり、幸せをかみしめていた


(フェルゼンの胸・・フェルゼンの腕・・うそではない・・女性としてのわたしを抱いているのは夢にまでみたフェルゼンの腕・・!)




大好きなプーペガール-オスカルのドレス姿


ここでコーデ・・・☆


オスカルの美しさ、ドレスのあの雰囲気にはおよびませんが、それでも一応・・オスカルです


オスカルドレス


↑に本物(検索結果ですが)が載ってます


こういうドレスはなかなかプーぺになかったです


これが一番近かったかな?


がっかりしたらごめんね><


でもイヤリングや首もとのブローチ、パフの白い袖、髪型などは近いかなと思います


では、物語へ☆


~物語~


そのころポリニャック夫人が現れた


だが・・・・?


「だ・・だれか私に席をおあけなさい!」


というポリニャックの声に対して、貴婦人たちは


「ふん!」


公然と無視したのである


ポリニャック(なんてこと・・このわたしに席を譲らない・・?)


家に帰ってはきっとポリニャックはハンカチをかんで、「キィーッくやしぃ~っ」とくやしがることだろう


オスカルたちの話に戻るとする


ダンスの途中、フェルゼンがふいにオスカルに声をかけた


「伯爵夫人・・お国はどちらでいらっしゃる?」


そうしてオスカルをおもわずじっと見つめるフェルゼン


オスカルは目をそらす


「あ・・・失礼マダム実はあなたに大変よく似た人を知っているのです 美しい人で・・あなたのような見事なブロンドの髪をして・・心優しく教養も高い・・そう・・・自分の思想のためには命もかけるようなそんな人で・・」


オスカルはフェルゼンの言葉を聴いて、フェルゼンのほうに視線を戻した


「美しい人なのですだが・・金モールの軍服に薫る肌をつつみ、さながら氷の花のように男性のまなざしを拒む・・・・・・オスカル?」


びくっととするオスカル


「オスカルか・・?」

大好きなプーペガール-フェルゼン オスカルか・・・?

ここでコーデ・・・


フェルゼン・・いつもより素敵な格好にしました


足元も出来るだけ忠実に・・したつもりです


襟も作ってみました


では、物語に戻ります



~物語~



オスカル「あ・・」


そういうとオスカルはフェルゼンの手をふりきり、走って外に向かった


走りながら、オスカルの心の中をフェルゼンの声がこだましていた


(美しい人で・・あなたのような見事なブロンドの髪をして・・こころ優しく教養も高く・・)


-外-


ハアハアハア・・・


走ってきたので息があらい


(自分の思想のためには命もかけるような・・そんな人で・・)


(フェルゼンの腕がわたしを抱いた・・フェルゼンの瞳がわたしをつつみ、フェルゼンの唇がわたしを語った・・・・・・・・・)


そうしてオスカルの目から涙が流れた


(これでいい・・諦められられる・・・よかった)


と・・後ろから忍び寄る何者かが片手を回してオスカルの口を閉ざした


オスカル(うぐっ・・) 


しかしそれくらいでやられるオスカルじゃない


「とあーーーーーーーーっ」とオスカルは相手をなぎ倒してしまった


オスカル「待てい!黒い騎士か?」


怪しいやつ(黒い騎士)「な・・なんだあの女は・・?」


そういうと怪しいやつつまり黒い騎士は逃げていった


(黒い騎士・・今度こそ、絶対に捕まえてやる)オスカルはそう、決意した


~一生に一度のドレス~終わり☆


以上です~


今回のところはかなり重要なところでしたね


物語の見せ場ですよね


でも、もうちょっとオスカルのドレスを表現したかった・・


でも、満足してます


最後まで読んでくれてありがとうございました~


(●´艸`)。o*тнайк чоц*o。(´艸`○)


バイバイ☆















ベルばら大イベント~一生に一度のドレス第1弾~

こんにちは~☆


べるばらイベ再開です!!


今回ははじめてのオスカルのドレス姿での舞踏会に出るまでのお話です


では物語スタート!!


今回は、私流でいきます


つまり、結構いいまわしを変えますね


では~


ジャルジェ家にて-


「ああもうあたしゃうれしくてうれしくて・・・♪」


ごきげんなばあやが忙しく両手にドレスを持ってつぶやきながら忙しく移動している


そうしてオスカルのいる部屋まで運んでいく


オスカルのいる部屋の前の部屋にはアンドレがいた


「ほんとに・・!オスカル様がやっとドレスを着てくれるなんて・・・苦労してつくってまった甲斐があった」


その声がそこにいたアンドレの耳に入った


(ドレス??ドレスだって??あのオスカルが・・ドレス・・?うそだろーーーっ)


ここでコーデ

大好きなプーペガール-アンドレオスカルがドレス?


このときアンドレが来ていたのは白い服だったのでそれらしくしました


あとソファーは座っていたと仮定して・・・でもおまけみたいなもんです


では物語~


ばあやはオスカルのいる部屋にドレスを持って行き、中でオスカルとばあやはドレスを選んで着はじめた


部屋の中ではしっこもっこいろんな声が聞こえてくる


「あーっそんなにきつくしめては苦しいではないか!」やら「うわ~よしてくれ!そんなよろいみたいなコルセット」だの・・


オスカルがなぜドレスを着ようと思ったのかは分からないが、それを知ったばあやはよろこんで着せていて、アンドレはそれを悪夢だといってショックを受けている、図である


ここでばあやのコーデ☆


大好きなプーペガール-ばあやドレスを作った甲斐があった


結構幼い感じになりましたが、実際の絵もエプロンをつけていて、ナプキンを頭につけているし、プチ目がねもつけている感じです

スカートをもっと長くしたかったんですが、力及ばず・・


こんなコーデになりました☆


では物語・・


着替えはなかなか終わりそうも無い「ローブはどちらにいたしましょうか?こちらの・・」


外で待っているアンドレ・・部屋を落ち着き無く歩きながら、つぶやいた


「オスカルにドレス何ぞ着せてみろ!のっぽのかかしに布着れかぶせたみたいになるぞ!」


そのうちにオスカルたちが着替えが終わり、ばあやが出てきた


「おおアンドレ!そこにいたのかい見てごらんよお嬢様のドレス姿・・めがくらみそうだよ」


ばあやはそういうとドアをオープンにした


アンドレは・・・「けっ誰が!そんなもの!」そういって後ろを向いたがその腕がばあやにつかまって勢いよくオスカルの前に放り出された


キラキラキラ・・そういう音さえ聞こえそうなくらい、オスカルのドレス姿は彫刻のように美しいものだった


アンドレはぼーっとなってしまい、言葉を探すが見つからない


オスカルが言った「窮屈だ・・・歩きにくいし・・」


ふとアンドレの口からつっかえつっかえに言葉が出てきた


「だ・・だけど・・す・・素晴らしくきれいだ・・」


アンドレもばあやもしばらくオスカルを見ていた

オスカルがふと切り出す


「うん・・一生に一度くらいこんな格好も悪くないだろう・・だけど父上には内緒だぞ」


「ええ!もちろんですとも!!あと言葉遣いにお気をつけあそばせ」


「あっそうか・・そうだな・・んっ?わあーーーっち」


と、オスカルドレスのはじを踏んで転げてしまった


「くそっ一生に一度でたくさんだ!こんな格好!」


それを見てアンドレ(クスッ)と笑う・・・


そしてアンドレはオスカルにお供できないことになった


今回はオスカルは名まえを隠して、舞踏会に出席するのだ


アンドレは心の中で熱い思いがうずくのを感じた


心の中で、叫んだ

(俺の・・オスカル!!)


ずっと思っていて、いつも口には出さない言葉だった


ベルばら大イベント~一生に一度のドレス第一段~終わり☆


読んでくれてありがとう♪


続きも頑張って作りますが、いつになるかは分からないので・・><ごめんなさいね


ではまた会いましょう~バイ♪



ベルばら大イベント~首飾り事件後編3~

こんにちは パイシェルです


遅くなってすみません(どれだけ遅くなってるんだか・・)


では、首飾り事件後編です


ジャンヌとニコラスの屋敷にジャンヌたちをとらえにきたオスカルとアンドレと兵隊たち・・


だが、最新のベルトレー火薬をもってオスカルたちを脅かすジャンヌたち・・


そしてオスカルを残して皆屋敷の外へ出る


残ったオスカル一人でニコラスたちに立ち向かうも、隙をつかれて、ピストルを奪われ・・


以後のお話です


では始まり~


オスカルを押さえつけたニコラス


「女のくせにでしゃばった真似をしやがって!素手で男に勝てるとでも思ってるのか?へっへっへ ジャンヌ今のうちにその剣で喉元を刺しちまえ!」

ジャンヌはさっきまでの涙はどこへやら、すっかり悪女に戻ってしまっていた


「はっはっはやっぱり女だねえセンチメンタルになってるからドジをふむのさ」


そういうとジャンヌは剣を持ってオスカルの喉元めがけてついた


オスカルがよけたので剣は床をついた



その間にニコラスがオスカルに投げつけた燭代の火がいまやカーテンに燃え移り、火が徐々に広がっていた


もう一撃が来たがオスカルはよけた


「ハアハア・・アンドレーーーーーーーっ」


外で待っていたアンドレは・・「ん・・?オスカルが呼んでいる!」


大好きなプーペガール-アンドレ オスカルが呼んでいる?
!」


ここでアンドレのコーデ 実際にも長い銃を持っています ほんとは手にもっています


そして、服(白い軍服のつもり)・・は実際に白を着ているのでこれにしました



では物語~


兵士たち「ははは空耳だろなんにも聞こえないぜ」


「違う、確かに呼んだ!」


そういうとアンドレはオスカルのもとへ向かい扉を押し開けた


「オスカル!」


アンドレは部屋に飛び込み、ジャンヌにあたってそのねらいをくるわせ・・ジャンヌが向きがかわったまま剣をついたそのところにちょうどニコラスがいたため、ニコラスは背中を剣でつかれ、剣が反対側まで突き刺さった


「ニコラス!ニコラスニコラスニコラスーーーーーーーっ」


呼べど返事はなくニコラスは死ぬ


その間にも火は燃え広がり、仕掛けてあった火薬にうつれば・・大爆発を起こす


オスカル「おいっ外へ出るんだ!」


ジャンヌ「よ・・よらないで!ははは・・だまされるもんかあたしのお金を取りにきたんだろう だれにも渡さないわ!あたしのお金よ!」

大好きなプーペガール-ジャンヌ よらないでったら



アンドレ「気が触れたか・・!」


オスカル「早いことしないとお前たちのしかけた火薬が爆発するんだぞ!」


ジャンヌ「よ・・よらないで!あっちへいって!!!」


そういってジャンヌはどんどん後ろへ下がり、ベランダの手すりから・・


「あっ(落ちる)キャアアアアアアアアアーーーーーーー」


落ちていった


オスカルは青ざめる


アンドレ「さあ、出るぞ!急げ!」そういうとアンドレはオスカルの手をつかんで外へ・・


「隊長!ご無事で!」


オスカル「急げ!みんなこの建物から離れろ!爆発するぞ!」


そして・・・間一髪のところで建物は大爆発した


オスカルたちは燃えながら落ちてくる火の石たちをよけて去っていった

こうして首飾り事件は終わりを迎えることになる


多くの謎を残して・・・

ジャンヌを逃がしたのは果たして誰だったのか、真相は現在に至るまで解明されていない


以上で首飾り事件は終わりです


そして・・


次回は、オスカル初のドレス姿が見れます~


でも・・・プーペのアイテムであらわすのは難しいです


でもよかったら見てね


☆~~ヾ^-^)マタネ
copyright (c) ☆My favorite room☆ all rights reserved.

プロフィール

パイシェル

Author:パイシェル
好きなもの、好きなこと、詩や絵、趣味で作ったものや、ちょっとした我が家のエピソードなどを載せていきたいです
よかったら覗いてみてください^^

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。